Club Silencio

夢と現実の魔境からお届け

【ネタバレ感想】 『アナイアレイション -全滅領域-』評 どうにもならない望みを叶える自己破壊

蒸発した夫、その不在に嘆き悲しむレナ。

 f:id:atsuki485711:20180312204040p:plain

 

 彼女の想いを代弁するかのように流れるのはクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング(以下CSN&Y)の「Helplessly Hoping/どうにもならない望み」である。

 

しかし、歌詞の内容を見ると男の破局がモチーフとなっていることから分かるが、どうにも彼女の視点とは言い難い。すると、階段から蒸発したはずの夫・ケインが登って来るではないか。CSN&Yは同曲で「He worries/彼は心配している」と歌うが、これはケインがレナを心配しているように読める。

 

ではなぜレナは泣くのか?

 

『アナイアレイション -全滅領域-』は度々レナの過去が回想される。その時系列が曖昧であるが故に、一見は”ケインの蒸発→レナの不倫”という順に思えるが、実際は”レナの不倫→ケインの蒸発”という順が正しいように思える。というのも、ヴェントレスの問いに対するレナの答えで、まず疑問が見えたからだ。

 

ヴェントレス(V)   レナ(L)

V:彼との関係を話さなかったの?

L:話が複雑になるかと…

V:話?何のこと?

L:(沈黙) 

 

この沈黙するほど複雑だという話。それについての決定的な回想がある。

 

レナ(L)   ダン(D)

L:間違いだった

D:そうか。ケインは任務でほとんど不在だ。夫婦の間で仕事の話もできない。私達の間には明らかにつながりがある。違うか?

L:奥さんは?

D:妻のことは愛してる。彼女は悪くない。レナ、教えてくれ。一体、何があった。関係がバレた?そうなんだな。彼が知ってると?そうなのか?

L:ええ 

 

 重要なのは、この回想の時系列。

『アナイアレイション -全滅領域-』の冒頭にもレナとダンの会話があった。

 

D:レナ!

L:ダン

D:探したよ。どこにいた?

L:書き物を

D:仕事ばかりじゃ、体によくない。よければ、土曜日に家に来ないか?妻と友達を招いて、食事をするんだ。

L:予定がある。

D:そう言わずに

L:ペンキを塗りたいの。私達の…寝室に

(中略) 

 

この会話は現行のものであり、この直後(あるいは週末) にレナは寝室をペンキで塗る。その際に、先述の蒸発したはずのケインが階段を登ってくるのだ。 つまり、レナの不倫によってケインは蒸発という破局をしたことになるからこそ、彼女は嘆き悲しむのだろう。

 

  • シマーによる幻視体験と”セカイ”の救済

後にレナは「ケイン…私のせいね」と懺悔するからこそ、最愛の人への救済、つまり”セカイ”の救済をすべく、彼女はシマーへと足を踏み入れる。ここで4人の女性メンバーの志願理由を思い返せば、アニャは中毒患者、ラデックは精神的障害、ヴェントレスは孤独、シェパードは娘と訳ありで、誰もが、それぞれの”セカイ”へと救済をすべくシマーへと向かった。ということは、シマーという場所の存在然り、そこでの幻視体験の意義とは、=セカイへの救済と取れるだろう。

 

またそのヴィジョンが素晴らしい。『2001年宇宙の旅』やタルコフスキーからの踏襲など、この視覚的エクスタシーは、アレックス・ガーランドの『エクスマキナ』にも見れたことだが、風景のピクチャレスクによって眼福(それは既に4Dを超えてしまうような!)を与えるのだ。

 

f:id:atsuki485711:20180312235214j:plain

 

  •  自己破壊、内省のオートファジー

 では、シマー(その幻視体験)に於いて、どのようにして”セカイ”の救済を与えるのか?

 

それは自己破壊である。

エロスとタナトスが表裏一体であるように、自己を破壊することこそ、自己を創造することである。 『アナイアレイション -全滅領域-』も、あのクローンと白リン弾の眩い爆発を用いて自己破壊をする。

 

つまり、破局したケインと不倫したレナはシマー(その幻視体験)に於いて、自己を破壊をすることで自己を創造する、つまり、2人の”セカイ”への救済を手に入れるのだ。『ファイト・クラブ』でビル群の崩壊が外界のことではなく、自己破壊のメタファーであったように、シマーの塔、木々が焼かれるのはレナの自己破壊成功のメタファーと読みたい。ということは、 『アナイアレイション -全滅領域-』、あるいは全滅領域の意味とは、内省のオートファジーであるのだ。

 

f:id:atsuki485711:20180313003445j:plain

 

ラストに抱き合うレナとケイン。

 

レナ(L)   ケイン(K)

L:ケインじゃない。そうね?

K:ああ。君はレナ?

 

レナは渋り、吐息を吐く。そして、2人の眼が光る。

つまり、2人はクローンなのかもしれない。

しかし、2人はお互いを見間違えるほどに自己創造できているではないか!

 

因みに、シマーは全てを反射するプリズムであるからこそ、2人は紛れもなくレナとケインであることに変わりはない。故に、彼らのどうにもならない望みが自己破壊によって叶った瞬間ということなのか。

f:id:atsuki485711:20180313005912p:plain